初めての3インチFPVドローンビルド! ~購入部品~

How to ビルド! ~3インチ自作ドローン~

今回初めて、3インチFPVドローンを自作してみました。
使用したパーツについて紹介します。
とにかく「安く」作ろうと思い可能な限りコストを抑えて作りました。
参考になればと思います😊✨

機体部品総額:¥16,171+送料  

大体2万円でおつりがくる?って感じで3インチドローンを組みました。

①3インチドローン用フレーム   :¥ 3,080

 すべての部品を取り付けるためのフレームです。
 今回は「AliExpress」でフレーム+モーター+プロペラセットの
 激安フレームを見つけましたので購入しました😀✨

AliExpress.com Product – DIY FS135 135mm Carbon Fiber Frame Kit with 1306 3100KV CW / CCW Brushless Motor 3052 3-blade Propeller for Drone FPV Quadcopter


②ブラシレスモーター/プロペラ   :①に含む  

 モーターとプロペラですね。これがないとお空を飛べません。
 今回は①のフレームに同梱されたモーター、プロペラを使います。


③FC/ESC            :¥ 4,431

FC :フライトコントローラー。
    飛行の制御をおこなうためのドローンの頭脳(基盤)です。
ESC:Electric Speed Controller。
    フライトコントローラーからの情報をもとに、
    各モーター回転数をコントロールする部品(基盤)です。

今回はBanggoodでMANBA F405 Mini を購入。
非常に安くて、かつよく使用されているFCなので使用しました。



④バッテリー接続コネクタ(XT30) :¥172

リポバッテリーを接続するための、コネクターです。 
FC/ESCにリポバッテリーをつなぐために必要です。 
XT30という型のバッテリーコネクタを使用します。




⑤FPVカメラ          :¥4,058

FPV用のカメラです。今回は「Runcam Racer」を使用しました。
私は中古の「Runcam Racer」をメルカリで購入しました。
今回の部品でこれだけは中古部品を使用しています!


⑥VTX             :¥2,215

カメラの画像を電波発信するための基盤です。
今回は安くて定評のある(?) Eachine Nano VTXを使用しました😀




⑦受信機             :¥2,215

送信機(プロポ)の情報をFCに伝えるための部品です。
ご使用のプロポに合わせて受信機は変更してください。

今回はFrsky、Futabaの受信機を参考にリンク貼り付けます。
※金額はFrsky受信機で計算してマスm(__)m

■Frsky 受信機

Frskyであれば、以下受信機を購入してください。


■FUTABA 受信機

FUTABA(S-FHSS)であれば、以下受信機を購入してください。



⑧まとめ

今回、はじめて色々調べてドローン1台作ってみました。
初めて組む一台はとにかく安く!をモットーに組みました。

FCへの各部品のはんだ付け「できんのか?これ?」という
感じでしたが、初心者の私でもなんとかできましたので
皆さんご心配不要です。問題ありません!🤤

参考価格は定価価格なので、メルカリ、ラクマなどで中古部品
が見つかればより安くなるかと思います。

3インチドローン、初めて組んでみようかな!という方の
参考になれば幸いです~😊✨それでは!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。