低価格・高性能3Dプリンタ「KINGROON KP3S」で RunCam THUMBカメラマウントを作成!!

最近購入した格安アクションカメラ「RunCam THUMB」のマウントと後ろのカバーを作成しました。

  

RunCam THUMBの付属でついてくる標準マウントはパキパキ割れる上に振動の影響を受けやすいため、

TPU出力のマウントに変更がお勧めです!!

また、後ろのSDカード差し込み口カバーは外れやすく、高確率でロストします( ; ; )

私のはメイデンフライトでどっか飛んで行きました。

  

  

1.3Dプリンター

使用した3Dプリンタは「KINGROON KP3S」です。

KINGROON KP3S 3Dプリンタータイタン押出機アルミニウムダブルリニアガイドレール印刷スペース180x180x180mm
created by Rinker

  

詳細は以下記事を参照ください。

.RunCam THUMB

RunCam THUMBはRunCam社より発売された、格安でまあまあ性能のFPV用アクションカメラです。

Runcam THUMB-ミニUHD4Kカメラ,1080p @ 60fps,DCマウント,5v,150 ° 動作,ジャイロスコープ,rc fpvドローン用アクセサリ
created by Rinker

  

詳細は以下記事参照ください。

  

  

3.今回作成したアンテナガード

RunCam THUMB カメラマウント

stlファイルのダウンロード先は…こちら

  

  

RunCam THUMB バックカバー

stlファイルのダウンロード先は…こちら

  

  

4.まとめ

3Dモデリング作ったらどんどんアップしていきますので

ぜひ活用ください〜😀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。